一般例会No.513 天ヶ岳(788m)翠黛山(577m)

概要

『杉の美林と展望の良さで人気です。平成12年冬に行ったコースを逆にたどります』

日時

2017年7月2日(日) 雨天中止

担当

小椋(勝)、野原

集合

7:15 京阪淀屋橋駅ホーム集合(7:30発 特急出町柳行き乗車)

行程

出町柳駅⇒鞍馬駅~薬王坂~P524~天ヶ岳~翠黛山~寂光院~大原バス停⇒出町柳駅 歩行時間:約5.5時間

費用

約3,000円

申込

備考

ヤマヒル、マダニ対策 体力☆ 危険度☆ 参加する人で集合場所に来ない人は必ず電話するように

地図

 

一般例会No.514 伊勢山上(380m)

概要

『山上の名が示すとおり役ノ行者修行の場とされ、コースには楽しい奇岩・怪石が連続する』

日時

2017年7月9日(日) 雨天中止

担当

板谷、杉本(康)

集合

8:00 近鉄大阪線・鶴橋駅 名張名古屋方面行きホーム(8:18発 急行五十鈴川行き乗車、10:13松阪駅下車)

行程

松阪駅前⇒(タクシー)飯福田寺(いぶたじ)~表行場一周~飯福田寺~裏行場一周~柚原バス停⇒(三重交通バス宇気郷線)15:30発⇒16:09松阪駅前 歩行時間:約4.5時間

費用

約5,000円

申込

備考

岩場の登下降があります(念のためスリング+カラビナ若干持参のこと)

地図

 

一般例会No.515 大峰・栃ヶ山(809.1m)、櫃ヶ岳(781m)

概要

『大峰山脈の前衛峰で稜線から大峰の山々が望まれます。』

日時

2017年7月16日(日) 小雨決行

担当

杉本(康)、小椋(勝)

集合

7:35 近鉄阿部野橋駅西改札口前(7:50発 吉野行き特急に乗車、9:01下市口駅着 9:20発 中庵住行きバス乗車、長谷バス停下車)

行程

長谷バス停~黒木~栃ヶ山~櫃ヶ岳~十日市⇒(タクシー)下市口駅 歩行時間:約5時間

費用

約4,000円

申込

備考

地図

 

オプション例会No.245 大峰・弥山川・双門コース

概要

『大峰の難ルートに挑戦します、ルートはある程度整備されているものの、台風や大雨の影響で危険度が増す場合があります、スリル満点のルートと核心部の滝展望が魅力です』

日時

2017年7月16日(日)~17日(月) 雨天中止

担当

山倉、板谷

集合

7/16 6:55 近鉄阿部野橋駅西改札口(7:10発 吉野行特急に乗車、下市口駅下車)

行程

7/16 下市口⇒(タクシー)天川熊渡~白川八丁~双門~川原小屋跡~狼平避難小屋(泊) 歩行時間:約7時間

7/17 狼平⇔弥山往復~頂仙岳~栃尾辻~川合⇒(バスorタクシー)下市口駅 歩行時間:約6時間

費用

約6,000円

申込

6/18までに担当者まで(特急券、タクシー等の手配が必要)

備考

ハーネス、シュラフ、マット、夕副食、朝食、嗜好品、食器は各自持参(ライト必携)。

夕食の主食+コンロ+コッファは担当者で準備します。(別途計画書作成)

地図

 

一般例会No.516 六甲・西山谷

概要

『昨年の9月に「涼を求めて、六甲屈指の谷を遡ります。滝際の直登や高捲きで暑さを忘れるかも。」と計画したものの中止した例会の再挑戦です。』

日時

2017年7月23日(日) 雨天、増水時中止

担当

大石、翁長

集合

8:10 JR大阪駅中央改札口前(8:22発 快速・姫路行き乗車、住吉駅下車 9:05発 神戸市バス渦森台行き乗車、渦森台4バス停下車)

行程

渦森台4バス停~西山谷~サンライズドライブウェイ~天狗岩南尾根~寒天橋~神戸市バス渦森橋バス停 ⇒JR住吉駅 所要時間:約6時間

費用

約1,200円

申込

備考

要技術 スリング60cm、120cm各1、カラビナ 安全環付1、ノーマル各1持参のこと。

地図

 

オプション例会No.246 北ア・黒部峡谷(剣沢~池ノ平~仙人池~水平歩道)

概要

『剣岳がなぜ「岩と雪の殿堂」と称されるのか、尾根・雪渓・沢・岩場を歩くことを通して実感できるコースです。』

日時

2017年7月26日(水)~31日(月)

担当

野原、板谷

集合

7/26 21:00 JR大阪駅中央改札口前(西日本JR高速バス又は阪急高速バスの「富山行き」乗車)

行程

7/27  ⇒電鉄富山駅⇒(富山地鉄・ケーブル・バス)室堂~剣御前小屋~剣沢~真砂沢ロッジ

7/28 真砂沢ロッジ~剣沢二俣~北俣~池ノ平小屋(池ノ平山往復)

7/29 池ノ平小屋~仙人池~雲切新道~阿曽原温泉小屋

7/30 阿曽原温泉小屋~水平歩道~欅平⇒(黒部峡谷鉄道)宇奈月温泉駅⇒(富山地鉄)電鉄富山駅⇒(高速夜行バス)大阪(帰阪は7/31早朝)

7/31 予備日

費用

約50,000円

申込

備考

○日本三大雪渓に数えられる剣沢大雪渓、絶景の裏剣、黒部峡谷の岩壁に刻まれた水平歩道を辿り、黒部峡谷鉄道のトロッコ電車に乗ります。登山の醍醐味がいっぱい詰まっており、剣岳登頂を上回る魅力と価値を持つコースです。今回担当の野原が剣岳に恋するきっかけになったコースです。頑張っているメンバーに本物の山を登った喜び、達成感を感じて欲しいと計画しました。

○途中にエスケープルートはなく、進むか戻るかの二択しかありません。悪天等に備え予備日を取っています。危険度が大きく、かつ長時間行動(8時間以上)を連日続けられる体力が必要です。トレーニング不足・体力不足・バランス不足と判断されるメンバーの参加は安全面から一切認めません。

○参加者必携用具

・アイゼン・・・10本爪以上の物(軽アイゼン不可)、ピッケル、ヘルメット

・その他詳細はメンバー決定次第指示します。

○新田次郎「劔岳 点の記」や黒部川へのダム建設のために掘った高熱隧道(現在でも熱気を感じる高温地帯を通りますので、吉村昭「高熱隧道」等を読んでおくとより興味深く歩けます。

○申込み期限は、高速バス予約等の関係上5月末日とします。

地図

 

一般例会No.517 泉南・昭和山(374.6m)~四石山(384.4m)

概要

『入山者の少ない里山を楽しみます。真夏です。おもいっきり汗をかきましょう。』

日時

2017年7月30日(日) 小雨中止

担当

翁長、西村(晶)

集合

9:00 JR和泉砂川駅東改札口(9:14発 コミュニティバス・山方面回りつづら畑行き乗車)

(JR阪和線天王寺駅7:59発 紀州路快速・和歌山行き乗車 8:51和泉砂川駅着)

※南海本線利用の場合

(南海難波駅7:55発 空港急行・関西空港行き乗車 8:22泉佐野着 乗り換え8:33発 和歌山行き普通 8:42樽井駅着 9:00発 コミュニティバス・山方面回りつづら畑行き乗車 このバスはJR和泉砂川駅経由つづら畑行きで、和泉砂川9:14発のものです)

行程

つづら畑~県境尾根~楠峠~昭和山~槌の子峠~四石山~JR山中渓駅 所要時間:約6.5時間

費用

約1,700円

申込

備考

地図

注:

一般例会は特にことわりの無い限り当日の参加OKです。

注:

オプション例会は交通事情や山行レベルにより参加者に制限があり申込みが必要です。

注:

集合場所以外で合流される方は必ず事前に担当者まで連絡して下さい。

注:

悪天候について、実施・中止の確認は前日の18~20時の間に担当者に電話で確認して下さい。

注:

例会に使用する地形図は各自で準備して下さい。なお国土地理院の「電子国土web」から地形図が入手できます。

又、フリーソフト「カシミール3D」を使用しますと地形図印刷の他、豊富な機能を使用することができます。

「カシミール3D」のダウンロードはこちらから

カシミール3Dへのリンク